新着情報NEWS

  • このページを印刷する

【募集は終了しました】医⼯連携モデル事業(九州⼤学先端医療オープンイノベーションセンター)の公開ニーズに新テーマ(電子・組込み・光学機器関係)を追加しました!

DATE
2021-07-21

医⼯連携モデル事業<九州⼤学先端医療オープンイノベーションセンター>モデル企業の募集

医療機器は高齢化の進展により市場拡大が見込まれ、景気変動を受けにくい産業である一方、「現場ニーズの把握」「実証の場の確保」「法規制への対応」といった課題が参入のハードルとなっています。本事業は、医工連携による製品化を通じて県内企業が医療機器開発や法規制への対応等のノウハウを身に付け、新規参入及び福岡県発の医療機器開発を促進することを目的とします。

 

▶概要

・医療機器開発に参入しようとする県内中小企業を対象とします。

・九州大学病院の公開ニーズ(別添)を元に製品を開発していただきます。

・九州大学先端医療オープンイノベーションセンターが、研究開発、実証、薬事規制対応、販売促進

 まで一貫して支援します。

・九州大学病院の実証、製品評価が受けられます。

 

▶サポート体制

 九州大学先端医療オープンイノベーションセンター 特任准教授 中楯 龍

 九州大学病院 ニーズ提供医師

 

▶スケジュール

 企業募集  令和3年7月21日(水)~8月9日(月)

 支援実施  開始決定後~令和4年2月

 実績報告  令和4年2月

 

▶選考方法

・同時複数の申込みがあった場合は、企業の技術の特長や実施体制などにより選考させて頂きます。

 

▶費用

・開発・事業化は原則参加企業の費用で行っていただきます。

 

▶開発製品の権利関係等

・協力体制を効果的に維持するため、開始時に、企業・大学間で共同研究契約を締結します。

・共同開発で知財が発生した場合、原則、持ち分は企業・大学等分とし、企業に大学持ち分に対する

 ロイヤリティーおよび特許出願・維持費用をご負担いただきます。

・初回面談時にNDAを締結させて頂きます。

 

▶申込方法、問合せ先

・申込書様式に記載のうえ、下記提出先へメールで送信してください。

・公開テーマに関わらず、医工連携に関心をお持ちの企業様は、お気軽にご相談ください。

(提出先・問合せ先)

   九州大学先端医療オープンイノベーションセンター 担当 : 中楯

   メール : nakadate@camiku.kyushu-u.ac.jp    

   

▶主催  

 九州大学先端医療オープンイノベーションセンター

 ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク(福岡県)

ページの上部へ戻る

CopyRight © 2021  Fukuoka Prefecture All Rights Reserved.